友達が起こした事件と救えなかった事

きの

-
ずっと迷っていましたが、私がスピリチュアルな事をしようと思ったきっかけでもあるので、この記事を書く事を決意しました。
内容が内容だけに、もしかしたら後で削除するかもしれません。

あと多分かなり長文になると思います^^;



数年前私はネット上の、とあるグループというか、輪の中にいました。
いろいろあって今はそのグループを外れましたが。

でもその時私は凄く悩んでいて、病みまくりでした^^;
それで凄い説教というか…その人からしたら普通の意見なんだろうけど、私にはそれが苦痛だったのと
まぁ…それ以外にも普通に合わない人がいましたW

その頃私と同じように悩んでいた男の子がいて、お互いに相談し合ったり励まし合ったりしてました。
その子とは数人ですがスカイプで話したり会ってお話もしました。その時は凄く楽しかったんですけどね…。
その後ですかね…私もその子もプライベートだったり、ネット上でいろいろあって病んでしまいました。

今思えばお互いに相談し合う事で病み合ってたというか、傷の舐め合いが逆効果だったのかもしれません…。



そして私はそのネット上のグループが嫌になり、そこを抜けたのですが
仲の良かった数人とは繋がる事にしました。

その子はそのうちの一人で、普通にその後も連絡は取り合っていたのですが…


ある日突然、攻撃をしてきたんです。
攻撃っていうと私が被害者みたいで嫌なのですが、ビックリして茫然としちゃうくらい
暴言まみれのメールを送ってきました。
これ言ったら相手が絶対に傷つくって分かって言ってるような事です。


でも実は私以外にもこういう目にあった人を過去に2人知っていたので、正直「あ~次のターゲットは私か…」なんてすぐに冷静に考えられたんですけどね。


もうその子は負のスパイラルに入っちゃってて、そして攻撃する相手が私しかいないんだろうなって思いました。
そしてそれが本心じゃない事も、本当は分かっていました。
でもここで反撃してもキレられる、優しい言葉をかけてもキレられるというのも分かっていました。


その頃は私も精神的に余裕がなかったし、正直その子がそういう状態だって分かってても
言われたこっちは傷付いたし、ムカついてしまったので、そのメールは無視して繋がりもたちました。
突然キレられた事に恐怖も感じましたしね^^;


とはいえその後の様子は少し見るようにしました。
それから数日後、その子は自分のブログに、そのグループの人たちの悪口というか
絶対に書いてはいけないような暴言やプライベートをバラすような事を書きまくっていました。

そのグループの人達からしたら全員知り合いです。
その中の誰が見ても傷つくような事が書いてありました。
さすがに信じられなかったです。

私の事は書いてなかったのですが、どんな精神状態であっても絶対にやってはいけない事ですし
正直もう救いようがないなって思いました。
多分それを見てしまった知り合い達はみんなそう思ったと思います。

そのブログに関しては誰も何も反応しなかったからか、それからはまったくネット上でその子を見る事はなくなりました。



それから1年後くらいですかね…



ニュースでその子が報道されていたんです。
あまり詳しくは書けないのですが、結構というかかなり騒がれるようなヤバいやつです。

その後、その子が捕まり逮捕されるところまでニュースで報道されていました。
原因は「精神的ストレスがなんたら…」って言っていましたね。

それから数年たちましたが、今刑務所にいるのか病院にいるのか分かりません。



あれから1年後の出来事ですし、それだけが原因じゃないのは分かっているのですが
あの時もう少し何か出来たんじゃないかなって、どうしても思ってしまうんです。

かと言って私はそこまでお人よしではないので、刑務所までいって会うとかそういう事は出来ません。
正直怖いです。

でも精神的にそこまで追い詰められてしまう人間を見てしまいました。


そして私も数か月前までかなり病んでいました。
その時の原因は主に仕事ですね。
仕事の忙しさと人間関係です。

かなり病んでいたのですが、もう限界!となって仕事を思い切って辞めた事と
スピリチュアルというか、自分の精神をコントロール出来るようになり
今は大分良くなりました。


いろんな人の動画や本を見て学び、自分で自分を変える事が出来ました。
そして人の事を考えられる余裕も出来てきました。


今だったら私も人を救える何かが出来るかもしれない。そう思えるようになりました。
過ぎてしまった事はもう変えられないけど、せめて少しでも誰かがもっと楽に生きられるヒントを与える事が出来れば幸いです。


そういうものを発信していきたいと思いました。


ではでは、まとまりもなく本当に長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!
関連記事
  • Posted byきの